レーザー内視鏡、BLI、LCI
口からの内視鏡検査が苦手な方に、お勧めします。
大腸がんは早期に発見できれば、内視鏡でも治療できます。
肺炎球菌予防接種には種類があります。
大腸がん検診について、便潜血で1回でも陽性になったら、なるべく早く精密検査を受けましょう。
経鼻内視鏡検査
経鼻内視鏡検査とは

従来の口からではなく、鼻から挿入する内視鏡検査です。のどの奥に嘔吐反射を起こす場所がありますが、そこに触れずに検査が出来ますので、嘔吐反射がほとんど起きません。また、口がふさがらないので検査中会話が出来ます。検査中に何かご質問があれば何でもおっしゃって下さい。また眠くなる薬を使いませんので検査後は速やかに普段とかわらない生活にもどれます。検査後直ぐに仕事に行きたいという方にもお勧め致します。またレーザー内視鏡を導入し、良好な画質で特殊光を併用して検査を行っております。
〈検査の進めかた〉
経鼻内視鏡検査:前日の21時までに食事を済ませてください。ただし21時以降でも水分はとってもかまいません。当日朝食は食べずに来院してください。ただし水分はお茶、水などであれば飲んでもかまいません。また、朝の薬は特に中止の指示の無いものは早目に服用してください。来院後はまず、検査の前処置に関するDVDを見て頂きます。その後以下の順序で行っていきます。
1:問診、現在かかっている病気や服用している薬などについてお聞きします。
2:血圧、脈拍、酸素飽和度などを測定します。
3:胃の中の泡を消す消泡剤と粘液を除去し易くする蛋白除去剤を飲みます。
4:鼻腔に血管収縮剤をスプレーします。鼻の通りも良くなります。
5:鼻からゼリー状の局所麻酔薬を入れます。
6:麻酔薬を塗ったチューブを1〜2回鼻腔に留置します。
7:内視鏡を挿入します。
8:検査終了後、内視鏡の写真を見て結果を説明します。
9:食事は検査後から可能です。また眠くなる注射も使っていない場合には仕事や車の運転も可能です。
緊張せずにリラックスして受けてください。
何かわからないことや、疑問点があれば何でもお聞きください。
〈費用について〉保険診療ですので全国1率です。

  それぞれ1割負担 2割負担 3割負担の場合です。 
胃内視鏡(観察のみ) \2,000 \4,000 \6,000 
胃内視鏡(顕微鏡検査を含む) \3,000 \6,000 \9,000 
その他検査中に使用した薬などによって多少違ってきます。
早期食道がん症例

やや赤みがかり、血管が透けて見えない部位を認めますが、境界ははっきりしません。
早期食道がん色素散布像

ヨード液を散布すると、このように病変が浮き出てきます。早期食道がんでした。入院施設のある他院へ紹介し、内視鏡的な手術で治癒しております。早期発見すれば外科的な手術は受けずに済みます。その後の生活もほとんど以前と変わりなく送ることが出来ます。
早期胃がん症例

胃の上部に周囲がやや白味がかって、内部に不正な血管を有する1cm程の浅く陥凹した部位を認めます。
胃早期がん色素散布像

色素を散布した像です。病変が浮き出てきました。病理結果は印環細胞癌でした。この症例も入院施設のある他院へ紹介し、内視鏡的治療で治癒しております。治療後の生活も以前と変わらずに送ることが出来ます。早期発見が重要です。