大腸がん、大腸がん検診
口からの内視鏡検査が苦手な方に、お勧めします。
大腸がんは早期に発見できれば、内視鏡でも治療できます。
肺炎球菌予防接種には種類があります。
大腸がん検診について、便潜血で1回でも陽性になったら、なるべく早く精密検査を受けましょう。
便潜血、大腸がん検診について
大腸がん検診、便潜血について
検診などで便に血液が含まれていないかを検査しますが、現在の日本の検診等では1回でも陽性であれば、早目に大腸内視鏡検査を受けて頂くようにお勧めするのが常識となっております。発見の機会が遅れてしまうと、病気が進行してしまい、治癒が望めた病変も治癒できなくなる恐れもあります。なるべく早目に検査を受けて頂く事が、早期に発見するためにも重要です。